迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Category:  

Nikon Capture 4.3.1

Nikon Capture (以下、NC)の4.3.1がリリースされた。たいした変更がなければ気にならないの(でも結局アップデートするけどね)だが、今回はちょっと気になる記載が。



同社が公表したテスト結果によると、Windows XP SP2、HT Pentium 4 3GHz、FSB800MHz、メモリ1GBでは、D2XのRAW画像5枚分をバッチ処理でTIFF 8bitに保存した場合、従来のVer.4.3.0が62秒、Ver.4.3.1が55秒。また、D2XのRAW画像5枚分を表示し終えるまでの所要時間が約3分から44秒に短縮している。なお、テストはともに輪郭強調ON、色収差補正ONの状態。
impressの記事より引用

おお、スペック的にウチの環境にぴったりじゃないか。カメラが違いすぎるけど ^^;

NCを使っていて一番ストレスなのが、RAW画像をサムネイルで選択してから、実際にその画像の表示が終わるまでのタイムラグ。ここに記載された数値を見ると、ずいぶん革命的に早くなっているではないか。

ということで、早速アップデートしてみた。急ぎすぎて、アップデートの前にタイムを計測してみようかという発想が湧かぬまま、やってしまった。ちょっと失敗。

で、体感的には確かに、かなり速くなった。一瞬で出てくるわけではないが、ピントの良し悪しを確認するために、倍率が可変な状態になるまで、ぼけーーーっと待つあの時間が、ずいぶん気にならなくなりそうだ。これは結構ありがたいぞ。やれば出来るんじゃないか、Nikon。この調子で、もっともっとストレスのないソフトに改善していってくれ。お願いだ。

Newer Entry浦和vs神戸

Older Entry一日飼い主

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >