迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Category: サッカー  

達也の突破が見たかった

なんだかテレビ局は相変わらず、負けられない戦いと言うことにしたいらしいが、予選と同じモチベーションで戦えと言うのは、無理な気がする。北朝鮮は同じ気持ちで来ていたみたいだけど。



日本はコンフェデで世界モードにシフトチェンジした。だから、今更東アジアのレベルに合わせる試合をする必要は無い。ただし、今日の試合内容が世界レベルと言えるわけではない。ただ、いい球回しは何度か見られたし、まずまず得られるのもあったように思う。

ヨーロッパ勢を完全に外して、新たな人材を試す機会としては、最後に近いらしいこの大会。とりあえず、達也と巻を試した。どちらもブレイクするには至らなかったが、一度しか見られなかったとはいえ、達也の突破はやはり魅力。大黒も玉田も前を向いてプレイできなかった中で、あの短い時間としては十分にアピールしたように思う。Jリーグデビュー当事に驚かされた、ともかく前だけを狙う達也のドリブルが、また見られるような気がしてきた。あとは得点だね。それだけで、一気にエースの座に昇りつめることが可能な気がする。

さてと、一番見たかったのは村井だったのだが、今日は出番なし。結局、先行されたことで選手起用のプランが狂ったのだろう。ただ、A代表に招集したばかりの選手を最初の試合でピッチに送り出す、なんていうことはジーコジャパンでは非常に珍しい。ということで、村井のデビューもすぐに来るだろう。今日も全く突破できなかっただけでなく、4バックとしても上手く機能できないアレックスに変わり、村井がレギュラーを座を射止める可能性は決して低くはない。次の試合、村井に注目だ。もちろん、我らが達也にもね。

Newer Entryこの試合を前向きに振り返る

Older Entryホワイトバンド

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >