3,900万画素って、ぉぃ

3,900万画素、聞いた瞬間に単位が良く分からなくなった。自分のデジカメと、何桁違うのか。多いのか、少ないのか。ちょっと考えて、ああ、一桁多いだけか、と気づく。でもちょっと待て、そりゃすごすぎないか?

見ていたのはインプレスの、この記事だ。

デジタルバック? なんだそりゃ。画素数だの1枚のサイズが117MBだの、モアレ縞ができないだのと、この記事だけ読んでもブツの事がさっぱりわからない。

で、検索してみると、デジタルバックとはカメラバックとも呼ばれ、ローライだとかマミヤだとか、中判カメラに取り付けて、デジカメ化してしまうグッズだと分かった。へぇ~~。世の中にはいろんなモノと人がいるんだなぁ。ローライとか使っている人でも、デジタル化したいと思うものなんだろうか。2眼レフカメラはおろか、中判カメラさえ使ったことがないので、気持ちの想像も出来ないが、やっぱりスピード勝負になる場合もあるのかな。

しかしデジタルバックと言う代物のお値段、3,4百万円だそうな。う~ん、やっぱり気持ちが想像できそうにない。

余談だが、カメラバックでググると、ミツバとかロープロとかがガンガンヒットする。あのー、それはカメラバッグですから。

コメントの投稿

非公開コメント

3000万くらいなら、載るよね。

35mmフィルムのあの面になら、3000万画素くらい敷き詰めたのを載せることはできますよね。つまり、たましどのが「すごい」とおっしゃるのは、「それをつくっちゃうところ」なんですな。
そりゃ何百万円にもなっちゃうって(^^;

技術的には

仰るとおり、3000万と言う画素数は一素子のサイズが小さくてもよければ、問題ないサイズですよね。小さくすると、安物っぽいですが ^^;

んで、一番気になったのは、ローライとかのユーザが、デジタルを欲するものか、と言う点だったりします。なにせライカやコンタックス使いの知り合いはいても、ローライの使い手に知り合いがいないので、どんな人たちが何のためにこんなことを、と。

で、記事のタイトル選びは、人に訴えるという打算の産物ですね ^^;

レンズ屋の「思い」では?

35mmのサイズがあれば、1/3インチ400万画素くらいの(いまどきのデジカメならそれなりの)CCDが10個くらいは並びそうですから、コスト度外視でつくりゃつくれるってコトでしょう。

たとえば存在意義としては、デジカメに銀塩カメラがシェアで抜かれていくなかで、銀塩カメラ用レンズ屋(フィルム屋でなく)としては、その底力を示すことができるしろものではないですかね。「オレたちのレンズは、デジカメのとはデキが違うんでぃッ」とか。

なるほどなるほど

レンズ屋の意地ですか。ニコンやキヤノンの中にも、そんな人はいるでしょうね。だからニコンも復刻版なんていって、近年S3とかSPとか、出しているのかな。

しかし、やっぱりローライフレックスの2眼ユーザが、自分のローライを改造する気持ちは解らんです。
「ローライでもデジカメ出来ちゃうもんね~。」
くらいの、軽いノリなんでしょうか。

「わからん」のは同感

「ユーザが」であれば、あたいも理解に苦しみますね。
「乾板がなくなるからデジカメに改造してでも使いつづけたい」ってんなら、わからんでもないですが。
プロフィール

たまし

  • Author:たまし
  • 青梅在住のぐぅたら鳥見屋です。鳥中心のウェブページ迂路つ記もよろしく。画像掲示板への貼り逃げ、書き逃げも歓迎。
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
年別アーカイブ一覧
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウント(2011.03.02より)
あなたはおそらく
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2掲示板

My Tweet