キビタキ

5年に1回くらいは書かないと、丸ごとデータ削除されていても不思議ではない。

というわけで、最近思うことを少し。

昨年から栃木に戻る週末が増えている。理由はここには書かないが、栃木の普通の公園とか森林に行く機会が、これまでになく増えている。

そこで感じたことは、こんなにキビタキがいたんだっけ? ということだ。

栃木の高校生だった頃にはまったく野鳥に興味などなかったので、何も知らない。鳥を見るようになって、ゴールデンウィーク頃に山林に行けば、キビタキなどの夏鳥を見ることができるのだ、と言うことを知ったわけだが、宇都宮あたりは通過するだけなのだろうと、漠然と思っていた。


戦場ヶ原のキビタキ(2017-05-03)

今年のゴールデンウィークに戦場ヶ原で出会った、この写真のキビタキみたいに、みんな平地は通過して、高原もしくは北の地を目指すのだろうと。遅くとも、6月に入ればみんな涼しいところで子育てをしているのだろう……と。


ところが頻繁に宇都宮辺りの平地を散策すると……今でもいて、さえずっているんですね。

まぁ、普段は僻地の都民なので、さすがにこの季節、近所で聞くことがないのは確かなんだけど、実際はちょいと山に近づけば、いるんでしょうねぇ……。

思い込みって恐ろしい。しかも、自分で調べもせずに頭だけで決めている思い込みって……愚かしい。

まだまだ当分は初心者ですねぇ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たまし

  • Author:たまし
  • 青梅在住のぐぅたら鳥見屋です。鳥中心のウェブページ迂路つ記もよろしく。画像掲示板への貼り逃げ、書き逃げも歓迎。
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
年別アーカイブ一覧
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウント(2011.03.02より)
あなたはおそらく
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2掲示板

My Tweet