立山黒部アルペンルート その8

一週間が過ぎてしまったのに、まだここに居る。

いや、毎日少しずつ書いているおかげで、まだ旅行の余韻に浸っていられる。これはちょっと得した気分。


さて、前回のメスも、実はつがいで行動していた。このオスがそのお相手。先のペアとは直線距離で百メートルも離れていなかったんじゃないかと思う。これは一般に言われているペアの縄張りから考えると、ずいぶん近い。まぁお互いの縄張りの端の方にいただけなのかもしれないけどね。


ライチョウ♂2


両足のリングの色で、先のペアと別のオスだということは明白。でなければ、もしかしたら歩いているうちに先回りされた? と思うほどの距離。

しかしクチバシに雪をつけて、いったい何を探しているんだろう。雪の中から出てくる新芽でも探しているのだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たまし

  • Author:たまし
  • 青梅在住のぐぅたら鳥見屋です。鳥中心のウェブページ迂路つ記もよろしく。画像掲示板への貼り逃げ、書き逃げも歓迎。
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
年別アーカイブ一覧
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウント(2011.03.02より)
あなたはおそらく
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2掲示板

My Tweet