立山黒部アルペンルート その5

なんとなく、ライチョウって雌雄の見分けが難しいようなイメージを持っていた。鳥見屋としては甚だ恥ずかしいことだ。おそらく、ドキュメンタリー番組でばかり見ているからだろう。そういう番組では厳冬期のライチョウの生態を、特に取り上げるからね。その方が視聴者の感情的な部分を刺激するし。

しかし、繁殖期のライチョウは、ご覧の通り雌雄、非常に見分けやすい。


ライチョウ♀1


やはり見た限りでは鳥見屋のレンズはどうしてもオスに向くようだ。肉冠の赤が目立って、画になりやすいからだろうか。

しかしこうして見ると、メスはとても可愛い顔をしている。虹彩が暗い色をしているから、目がまん丸に見えるのだろう。人間は本能的に、瞳が大きいと可愛いと感じるらしい。そもそも好きな相手を見る時の人間の瞳も大きくなるらしいしね。

虹彩が暗い方が可愛く見えるのは、ツミのオスが可愛いのにメスが怖く見えるのが良い例だ。

ライチョウの繁殖羽の場合、オスは目が頭部の羽根と同様に黒くてあまり目立たないが、メスは体色に比べて目の黒さが際立って、可愛く見えるようだ。

まぁそんな個人的な感想はどうでもいいか ^^;

コメントの投稿

非公開コメント

続きを…

早く!

続きは

国王、書き込みありがとうございます。
続くことは続きますが、大して中身はありませんよ ^^;
仕事の合間に書くので、写真一枚に雑文、のスタイルは超えられません orz
プロフィール

たまし

  • Author:たまし
  • 青梅在住のぐぅたら鳥見屋です。鳥中心のウェブページ迂路つ記もよろしく。画像掲示板への貼り逃げ、書き逃げも歓迎。
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
年別アーカイブ一覧
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウント(2011.03.02より)
あなたはおそらく
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2掲示板

My Tweet