迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Category: うろうろ  

新たな関心事

釜房湖、整調、バウ、コックス。

今年の4月になるまで聞いたことも無かった言葉ばかりだ。

エイトや舵付きフォアあたりはさすがに聞くことはあったが、ナックルフォアもクォドルプルもなんのことやら。

ともあれ、新しいことってのは当然新鮮であり、なにやら急激に霧が晴れて視界が開けるがごとく、ヲッサンの胸すらときめかせることがある。


というわけで、息子の迷惑も顧みずにボートを見に行った。舞台は宮城県の釜房湖。東北大と北大の定期対校戦(2012-07-15)、らしい。息子1号が出場するわけでは無い。しかしせっかく未体験の世界がそこにあるのに、顔を突っ込まないという手はワタクシとかみさんには有り得ない。青根温泉の秘湯と呼ばれる(らしい)不忘閣という宿を押さえた上で、今年6度目の宮城行きだ。


レースの内容とか、素人には何にも言えません。

ただ、さすがに両校OBたちの会話などに歴史を感じる。縦の繋がりというか、継承されている無形のものを、ひしひしと感じた。そんな場に相応しいオトナの男に、息子1号が成長して行ってくれることを期待してしまう。


ナックルフォア

写真は勝利に歓喜する、東北大の新人女子ナックルフォアのクルーたち。勝手に写真を使ってごめんなさい。

一所懸命にやって来たことが報われるのは素晴らしいことだし、負けて悔し涙を流すのもまた、貴いこと。こういう姿をたくさん見られるのなら、次は戸田あたりに行ってみようかと思う。さすがに来年の北海道はちょっと遠いし。でも観光的には最高かもしれないなぁ……。


Newer Entry夏の思い出

Older EntryついにDatulaを諦めるか?

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >