FC2ブログ

迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: サッカー  

ACL準々決勝2nd leg vs アル・カディシア

久しぶりに浦和の試合の感想みたいなものを書いてみる。前の記事からもうすぐ一ヶ月が過ぎてしまい、また鬱陶しい『このブログの主はやる気がない』みたいなラベルを貼られるのがイヤだからであるけど。



昨日はテレビ観戦。BS-ASAHIのおかげで、今年も生放送が見られる。ありがたや。

試合の方は、やはり相馬の素晴らしいボレー。息子1号は決まった瞬間に「スコールズだ」と抜かしやがって、試合後の相馬のコメントそのものだったので、若干嫉妬。

そして、闘莉王の的確なひらめき。相手がヘッポコなジャンプをしたのを瞬間に見抜き、ヘッディングで落とすのをやめて胸トラップからのシュートに切り替えた、その判断力はお見事。

とまぁ、褒めるところは褒めておいて。

高原とエジミウソンのツートップは、一時期よりはずいぶん得点の匂いがした。でも、なんかちぐはぐなシーンも多かったよな。

細貝と山田のダブルボランチはどうなのよ。実際、個人的には山田のトップ下なんて見たくもなくて、だったらボランチの方が向いていると思ったのよ。ヘディングは弱くないし。でも、昨日の暢久を見てたら、やっぱりダメだわ。ポジション取りに自信がないのか、縦にパス交換されるときに行ったり来たり、というか、どっちにも行けずに右往左往。前往後往か。やっぱり山田は右サイドだ。そこにしか居所がない。本人がどう思おうが、そこでしか生きない。

それにしてもなぁ。相変わらず本当に勝利だけが欲しいとなると、3-5-2しかないんだよね。このチーム。つまらないなぁ。見ていて面白くないよ。これが日本のトップクラスかと思うと、情けなくなる。いや、もちろんJリーグでは浦和が一番好きなんですけどね。でも、今の浦和って端的に言えば、3バックでがっちり守って、闘莉王の強さを生かした得点、という面白くないサッカーに終始しているようで。ドイツ人監督が続いているせいなのかなぁ。

ワタクシはバイエルンファンでもありまして、代表ではドイツファンなのですが、正直言ってドイツやバイエルンが美しいサッカーをしているとは、もちろんこれっぽっちも思っていない。でも、それでも勝つという一途さに、プレイの美しさとは別の種類の美しさを見ているわけです。上手く説明できないけど。でも、それはドイツの国民性にあっているっぽいサッカーであって、日本人には……。

今(ここ数年ね)、浦和とガンバのどちらが面白いサッカーをしているかといえば、言うまでもない。日本のサッカーの前進のために、準決勝はどちらが勝つほうがbetterなのか……。

かなり複雑な思いで、それでもやはり浦和の勝利が見たくて、またテレビの前に座り込むのである。

Newer Entry取ってつけたような

Older Entry室戸岬

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。