迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Category:  

今月出逢った鳥2007.06

ついにこのひと月、全く鳥見に出かけなかった。まぁそんな月もありえるのだが、なんか今年は今月だけでは済まなそうな…………。

とりあえず、出かけないと鳥ってこんなに少ないんだよのリストを。



スズメ(30)、ツバメ(29)、ヒヨドリ(25)、ムクドリ(24)、キジバト(23)、シジュウカラ(19)、オナガ(19)、カワラヒワ(18)、ハクセキレイ(15)、ヒバリ(14)、ヒメアマツバメ(10)、イワツバメ(9)、ハシブトガラス(8)、ハシボソガラス(7)、ダイサギ(6)、キジ(6)、セッカ(6)、オオヨシキリ(5)、カルガモ(4)、トビ(4)、カワウ(3)、コゲラ(3)、メジロ(3)、キセキレイ(2)、モズ(2)、アオサギ(1)、チョウゲンボウ(1)、セグロセキレイ(1)、ホオジロ(1)

立川の防災センター付近にある空き地は、ヒバリの楽園だったりする。ところが、今月大々的に、その草地を真面目に草刈りされてしまった。繁殖中だったんじゃないかと思うのだが、どうなんだろう。もう巣立っていたのだったら良かったが、まだ巣立ち前だったりしたら、ちょっとした悲劇だったのかもしれない。一時期ヒバリのさえずり飛翔が激減して、代わりと言うわけでもなかろうが、今季初めてセッカが舞っている姿が見られるようになった。

例年、ヒメアマツバメの姿は見られるのだが、今年は特に多いような気もする。で、割と近くで見ていると、けっこうでかく見えるんですな、これが。そうなると、(これはもしかしてアマツバメなんじゃなかろうか)などと、突然自信が持てなくなったりする。まぁ、多分立川の街中でアマツバメが繁殖することはないと思うし、尾羽をいくら凝視しても、深い切れ込みを見ることがない。だからおそらくヒメアマで間違いないと思うのだが、私の識別力は、いまだその程度のものです、ハイ。

Newer Entryスコープ入院中

Older Entryクローゼ、バイエルンへ

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >