迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Category: うろうろ  

テングチョウ

鳥を見に行くと、鳥以外のことも気になり始める。ある時は花であったり、ある時は昆虫であったり。鳥のことはそれなりに覚えつつあるのだが、それ以外のことはまだまだからっきし。



最初に気になるのは、木の実だったりする。なぜって、鳥のエサを知りたいからだ。鳥の好物が判れば、探すのが少しだけ楽になる。でもなかなか覚えられるものではない。興味がエサとしてだけに留まっているからだろう。

それに比べると、昆虫はより興味をそそる。なぜなら、それなりの被写体になってくれるからだ。本当は、鳥の写真が撮りたい。でも、思ったように出てきてくれない。そんな時、なぜかタイミングよく蝶が舞うことがある。そうなれば、もう逃避するしかない。

今日、相手をしてくれたのはテングチョウ。その名の通り、天狗の鼻のように顔の先に突起がある。素人にも、覚え易い蝶だ。蝶もなかなか羽を開いてくれなかったりして、狙いだすと面白い。でも、正直に言うと、これを撮りながらも神経は耳に集中していた。だって、ヤマセミの声が聞こえるんだから。でも、姿が見えないから、仕方なくテングチョウなのだ。なんか、申し訳なかったなぁ。

050612_tenguchos.jpg

Newer Entryホタル、まだ

Older Entry朝の奥多摩方面

Trackbacks
いや、たましさんとこのテングチョウから思いついたタイトル。 セセリとかシジミって...

 

Comments
Editテングチョウ
ヤマセミの声を聞きながらテングチョウ。
けっこう贅沢なひとときではありませんか。

私も今日テングチョウを見ました。
母の犬を散歩させていて,私がどうしても行きたい場所があるのに,犬が頑として動かず参りました(^_^;)

山際の田圃道でしたが,テングチョウをやたらと見かけました。
カメラを持っていったのでなんとか撮りたくて・・・かろうじて1枚だけ。
Edit初めて逢っても
初めて逢う昆虫でも、すぐに名前の見当がつくことがあって、半分くらいはあかしょうさんのおかげだと思っています。ありがとうございます。
ただ、色々な方が次々と写真をアップされたりしているのだけを見ていて、図鑑で調べたことが無かったりするので、珍しさの度合いが全く解っていないのが問題かも。

「どうしても行きたくない方向なのに、ご主人の娘さんがワガママで困るんですよ、マジで。」by お母さんのワンちゃん

ところで、テングチョウのすぐそばに、美味しそうな黄色い木苺が実っていました。でも、藪の中で採れないので、酸っぱいに違いないと思って諦めました ^^;
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >