迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Category:  

今月出逢った鳥2007.02

今月は55種でした。鳥見には新潟に一度出かけた程度。しかしそこではオジロワシやウミアイサに出逢えて、かなり満足度の高い鳥見でした。



いつもの通り、見られた日数が多かった種から羅列しています。個体数とは関係ありません。

今月は新潟に行ったほかには、鳥見ではないけど京都に2泊したり、仕事で岡山方面に3泊したりと、地元にいた週末は一度だけ。その日も鳥見はせずじまいで、やはり今月も鳥見不足を解消は出来ないワタクシなのでありました。

それではリストを。

スズメ(24)、ハクセキレイ(22)、ムクドリ(22)、ヒヨドリ(21)、シジュウカラ(20)、キジバト(19)、ツグミ(19)、メジロ(16)、ハシブトガラス(14)、カワラヒワ(13)、トビ(9)、カワウ(8)、コゲラ(7)、ハシボソガラス(7)、アオサギ(6)、エナガ(6)、セグロセキレイ(5)、オナガ(5)、ダイサギ(4)、モズ(4)、ホオジロ(4)、アオジ(4)、カルガモ(3)、コガモ(3)、コジュケイ(3)、ヒバリ(3)、コサギ(2)、マガモ(2)、オナガガモ(2)、キジ(2)、ユリカモメ(2)、シメ(2)、ハジロカイツブリ(1)、マガン(1)、オオハクチョウ(1)、コハクチョウ(1)、ヒドリガモ(1)、ホシハジロ(1)、ウミアイサ(1)、カワアイサ(1)、ミサゴ(1)、オジロワシ(1)、ノスリ(1)、チョウゲンボウ(1)、イカルチドリ(1)、ケリ(1)、イソシギ(1)、セグロカモメ(1)、シロカモメ(1)、ウミネコ(1)、カワセミ(1)、ジョウビタキ(1)、シロハラ(1)、カシラダカ(1)、ミヤマガラス(1)

最初にも書いたけど、オジロワシやウミアイサは嬉しかったなぁ。マガンもシロカモメも、今月ライフリストに加わってくれた鳥たちは、当然のことながら地元近辺ではまず出逢えない鳥たちで。師匠のクルマで雪の峠をスピンしながら(をぃ)行った甲斐がありました。来年も是非、スピンしてみ(ry

サテオキ、感想を。

ジョウビタキ、なんで見ないんだろう。ホントにこの冬、ジョウビタキに逢う機会が稀です。ワタクシだけ? ジョウビタキなんて、住宅地を散歩しているだけでも普通に逢える鳥だと思うんだけど、何故なんだろう。ホントに不思議です。

月末になって、草の先端でさえずるホオジロや、さえずり飛翔するヒバリの姿を目にするようになりました。もう春ですねぇ。

今朝のこと。樹のてっぺん近くでさえずるシジュウカラを見ていたら、そこに2羽のメジロが飛んで来ました。シジュウカラは「ヲレのステージに勝手に上がりこむな」とばかりに、メジロをかなりの勢いで追い立てました。メジロは隣の樹の茂った葉の中に逃げ込みました。ついこの間まで仲良く混群を形成していたのに、かなりきっぱりとした決別ですな。もう街中では、混群の季節は終了したようです。

Newer EntryACLグループリーグ第1節vsペルシク・ケディリ

Older Entry壊れた

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >