サッカー、あれこれ

世の中一般はどうだか知らないが、こんな飛び石連休の谷間、ウチの職場は7割くらいの出社率になる。大抵はワタクシも3割の方に入るのだが、今日は出勤。それでも昨日の浦和の勝利で、気分は悪くない。

という前フリとは無関係に、サッカーの話を、あれこれ。

イランのサッカー協会が、FIFAから処分を受けた。当面、国際舞台への参加を停止されるようだ。政府がイラン協会にちょっかいを出しているかららしい。スポーツと政治の分離、だ。奇麗事だが、そう言ってしまっては身も蓋も無くなる。

政治のスポーツへの介入といえば、やっぱり瀬古を思い出す。山下もそうだったけど、より選手寿命の短いマラソンランナーにとって、致命的なボイコットだった。日本がモスクワオリンピックに参加していれば、実際に瀬古が優勝できたか、なんてことはどうでもよく、選手として絶頂にあった世界の一流選手が、自分には何の非もないままに桧舞台から引き摺り下ろされる、チャレンジさえさせてもらえなくなる、という不条理。よくまぁ、酒に溺れたりしなかったもんだ。普通ならやけになっても当然だろうと思うが、本当の一流選手というのは、崇高な精神を持っているのだろう。それがまた、不条理感を倍化させる。

イランは最新のFIFAランキングで38位と、オーストラリアを押さえてAFC最高位にいる。実際、今のところアジア最強だと思う。まだアジアカップ2007まで時間はあるから問題でもないのだろうが、イランが不参加、なんてことにならないでほしいもんだ。

話は違うが、日本が優勝した先日のU-17アジア選手権で準優勝した北朝鮮選手が、年齢詐称をしていた疑いが持ち上がった。MRIでそういう結果が出たらしいが、MRIってそんなことまで分かるんだ。年輪でもあるんかね、どこかに。

以前から北朝鮮の選手の体格がおかしすぎる、という声があり、年齢詐称なんじゃねぇのぉ~? という噂だったが、さて、この検査結果の科学的信頼性はどうなんでしょうか。証拠能力が認められるなら、北朝鮮はU-17ワールドカップへの出場権を失うことになる。ついでに核も失ってほしいもんだが。

城彰二が引退を発表した。あと2試合、J1昇格のために戦い、そしてユニフォームを脱ぐらしい。あまり好きな選手ではなかったが、一時期の日本のエースだったのは事実。

城といえば空港で水かけられたシーンを思い出すわけだが、あれは日本がようやく世界と戦うステージに辿り着いた証だった。象徴だった。日の丸を背負って戦う責任。1億人の期待を背負う責任。それが重過ぎて潰れてしまう選手では困る。その重圧を撥ね返してこそ、英雄になれる。まだ出てこないよねぇ、日本の真の英雄。先日のマンU相手の俊輔のFKが、ワールドカップの舞台で出てくれれば、ついに英雄登場か、というところなんだけど。

やっぱりねぇ、サッカーを楽しんで来たいです、なんていう台詞が出ているうちは、本当はダメだと思うんですよ。それはオリンピックのような、参加することに意義がある世界の話。ワールドカップに選手として選ばれたら、楽しんでいる余裕なんて無いはずだと思う。悲壮感漂ってたでしょ、バティもバッジョもジダンやロナウジーニョでさえ。ゴール決めたときのバティの表情でさえ、やっぱり泣きそうな悲壮感があったと思うんですよ。笑ってなんかいない。冗談じゃない。この後も頑張って、勝たなきゃ何の意味も無くなる。だから一点入ったって、気楽に笑っている奴なんて誰もいない。ワールドカップって、基本的に悲壮感を観るイベントな訳ですよ。

話は城に戻るけど、彼はラモスなんかに散々な言われ方だった。ワタクシもテレビを見ながら、100%ラモスの言葉に頷いていた。クチャクチャ(ガム噛んでたのかな?)してんじゃねぇよ。しまりのねぇツラしてんじゃねぇ。そう思ったわけです。でも、今の選手よりはなんか悲壮感があったような気がするんだよねぇ。後で語ったけど、カズからエースの座を奪った、という事実の重さに、潰されそうだったらしいですな、彼は。その重圧に打ち勝つために、彼の精一杯のポーズだったのかもしれない。その悲壮感が、正しく日本代表のあるべき姿だと思うのだ。今にして思えば、彼は立派な日本代表だった。もう足がボロボロらしい。城彰二、お疲れさん。

写真はここまでの話と全く関係なく、今日の夕焼け。ケータイのカメラだから広角でよく分からないでしょうが、中央の小さなでっぱりが、富士山です。

夕焼け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たまし

  • Author:たまし
  • 青梅在住のぐぅたら鳥見屋です。鳥中心のウェブページ迂路つ記もよろしく。画像掲示板への貼り逃げ、書き逃げも歓迎。
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
年別アーカイブ一覧
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウント(2011.03.02より)
あなたはおそらく
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2掲示板

My Tweet