迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Category:  

今月出逢った鳥2006.09

いーかげん、鳥見に出かけなきゃ、と思いながらも9月も終了。

それでも今月もいってみよー。



スズメ(30)、ヒヨドリ(28)、キジバト(27)、シジュウカラ(23)、ムクドリ(23)、ハクセキレイ(15)、ハシブトガラス(14)、カワウ(12)、ツバメ(11)、オナガ(11)、カワラヒワ(10)、ハシボソガラス(9)、イカル(8)、セグロセキレイ(7)、モズ(7)、メジロ(7)、トビ(6)、コゲラ(6)、アオサギ(5)、キジ(5)、ダイサギ(4)、カルガモ(4)、キセキレイ(4)、コジュケイ(3)、エナガ(3)、ゴイサギ(2)、セッカ(2)、オシドリ(1)、オオタカ(1)、サシバ(1)、バン(1)、コチドリ(1)、ホトトギス(1)、カワセミ(1)、アカゲラ(1)、ヒバリ(1)、ウグイス(1)、カケス(1)

探鳥地と言えるような所には一度も出かけていないので、かえって季節の傾向が出ているかもしれない。

まず先月25日だったツバメが11日。しかも1羽か2羽、たまたま飛んでいた、といった感じ。もう家族で賑やかに電線にとまる姿は見当たらなくなった。

逆に目立つようになってきたのが、モズ。もうずいぶん高鳴きを耳にするようになった。これからもっと増えるのだろう。

変わったところではオシドリかな。裏の多摩川でばったり出くわした。そのかず5羽くらいだったっけかな。突然出てきた感じだが、奥多摩で夏を越した子達が南に移動を始めているのだろうか。

サシバはあきる野と八王子の境にある小峰公園というところにいたとき、空を見上げていたら2羽通った。南へ渡っているところだった。あの公園は高い場所には空の開けた場所がないが、もし樹が無い広場があったらタカ見の名所になったことと思う。いや、切ればいいとかは言ってませんよ。切ったら他の小鳥たちや虫たちが困りますからね。古い林がはぐくむ命があってこその鳥見です。

さぁ、来月はちょこっと出かけよう。

Newer Entry検索ワードに唸らせられた

Older Entryこ、これは……

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >