迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Category: サッカー  

25点

アジアカップ予選、2nd legの対イエメン戦。ワタクシ的には100点満点で25点の試合かと。



公式戦に勝った、ということに関して、25点満点で25点。

試合の内容、0点。

サポーター、0点。

テレ朝、0点。

まぁ、テレ朝はもう一つ思いつかなかっただけとも言う。でも、いつもいつも絶対に負けられない、と言い続けるのは、バカみたいですよ。松木さんって放送ブースよりも飲み屋のカウンターの方が似合いそうだと思うのですが、如何でしょうか。それから、オシムのインタビューの最中に放送を切るって言うのは、どういうことでしょうか。最後まで放送できないなら、他の局に譲って下さいよ。聞きたいのは酔っ払いモドキの思いつきの垂れ流しではなく、オシムの忌憚の無い話だと思うのですが。

サポーター、あの試合内容で日本に対してブーイングが起きないのが理解できない。相手の遅延行為にも、もっと激しくブーイングすべき。相変わらずお祭り気分で観戦している人が多過ぎはしないだろうか。こんなにストレスの溜まる試合を観て、勝ったから良いや、では進歩が無い。

試合内容、最悪でしたねぇ。トリニダード・トバゴ戦に比べても、全然ダメでした。いや、ダメって言っても、以前と変わらないだけで、オシムになって悪くなった、というわけではないんだけど。結局、試合をするのは監督ではないからね。

前節の浦和のサッカーを見て、オシムの指導にはけっこう即効性がありそうだ、と感じたのだが、今日の試合を観れば、やはり早合点だったようだ。まぁ、あれだけ引きまくる相手には、また違う質の練習が必要なのも確かだろうが。思いっきり引き分け狙いの引きまくりの相手に、勝手に焦りをつのらせて自滅する、というのは、どこの強豪にも見られることだし。

まぁ、お楽しみはまだ始まったばかり、ということで。

この試合は絶対に勝たねばならない試合ではない、とはいえ、やはりアジアカップへの切符は欲しい。A代表の真剣勝負の場は、少しでも多い方が良いのは明らか。その意味では、腐ったような内容の試合でも結果を残す、というのは本当に大切。何はともあれ、こういう試合で結果だけは残す、という強さだけは、確かに身につけてきたようだ。

Newer Entryフンボルトと……

Older Entry古い井戸の勝利

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >