迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Category: ガジェット  

クロス マトリックス

何のことかとお思いでしょうが、クロス社のボールペンの話です。普段は筆記具になんてほとんど気もお金もかけないワタクシですが、中学校に入った頃に自分にご褒美のシャーボを買って以来、十年ぶり(少々の偽り、あり)に筆記具を購入する気になった。それが、マトリックス。

箱入りMATRIX



青梅界隈で探すなんてムリだし、立川でもムリっぽいので、もちろんネットでポチっとな。翌日には送られてきてしまう便利な世の中。外箱の裏側に印刷されたMADE IN JAPANという久しぶりに見る文字列に少し驚いたあと、さっそく、5000円程度のボールペンにしては立派な箱を開けてみる。

5000円にしては立派な箱

最近、シャーペンにしてもボールペンにしても、100円とか200円とかでずいぶん良いデザインのものがある。1万円と数百円とではモノに差があるだろうが、千円と百円にはたいした違いがあるようにも思えない。で、結局百円から数百円のものを買ってみる。

かつてはボールペンと言えば、『インクが無くなる前にボールペンそのものを失くす』ものだと思っていた。しかし最近特に感じるのは、『更にその前に、クリップ部が折れる』ものになってしまった、ということだ。皆さんも思い当たるところが無いだろうか。

で、安物買いの銭失いから脱却するために、割れそうに無いクリップ部を持った筆記具を探していた。これがMATRIXを気に入った条件の一つである。もっとも、千円以上の筆記具なら、大抵はプラスチック製以外のクリップ部を持っているでしょうけどね。

MATRIXのクリップには、社名の『CROSS』が刻印されている。

金属製のクリップ

次の条件が、青い油性ボールペンである。

そんなもん、どこにでもあるだろう、とか思っていたんだけど、実は青いボールペンって、それほど多くないですね。文房具屋に行ってみて、驚いたことの一つだ。世の中、赤のボールペンのほうが、何倍も多い。

仕事で書類などに署名するとき、必ず青で書くことが要求されているんだけど、これって一般的じゃないのかな。俺の周りだけ?

書類がコピーされた時にオリジナルとコピーを区別するために、青で署名するのが常識だと思うのだが、これだけ世の中に青の筆記具が少ないところを見ると、どうやらこっちが非常識なのかもしれない。でも、個人的には青の筆記具が、常に必要なのだ。

で、MATRIXは上部を回すと青のボールペンが出てくる。ちなみに反転すると、赤のボールペンにもなる。

青の油性ボールペン

そして三つ目の条件が、スタイラスにもなること、だ。

NintendoのDSとかで遊んでいる人とかPDA、或いは一部の携帯電話などでお使いの人ならご存知だろうが、最近の電子端末の入力に使われるのが、スタイラス。液晶画面をタッチパネルとして入力に使える機器で、画面に文字などを直接書いて入力するための筆記具だ。Mio168RSを使うようになって初めて実際に接したのだが、既に必須アイテムになってしまった。もちろんPDAには付属しているのだが、これが当然のごとく、細い。握りにくいし、長く書けば手も疲れる。DSとかでゲームにハマっている人は、もっと感じているんじゃないかな。

スタイラスチップ

さて、これら3つの条件を満たしてくれるものが、驚いたことにCROSS社のMATRIXしか見当たらなかったのだ。このご時世だから、きっと色々でているのだろうと思ったのだが、ちょっとビックリなのである。

で、普段は表に出ているスタイラス部分を引っ張ると、こんな感じで抜ける。

本体分割の図

抜けた部分をひっくり返して合体する。これで普通の黒い水性ボールペンとなる。ちなみにこの部分が万年筆になっている姉妹モデルもある。だが、ワタクシには水性ボールペンで十分 ^^;

反転して黒色水性ボールペン

合体した部分を、再び引き抜いてみる。ここだけ見ると太っちょで不恰好なペン。確か、この部分だけ後から買い換えて、万年筆タイプに変えることも出来たと思うが、そんなことするなら新しくもう一本買うよね、ふつー。

ちょっと太っちょ

太っちょな本体を、更にバラしてみる。水性ボールペンのインクは、あまり多くは無い。ちなみに油性の青と赤は、もっとずっと少ない。消耗部品はビックカメラあたりでも扱っているようなので、今のところ安心。

本体部をバラす

ジェルインクの減り方というのは半端じゃないから、これは何ヶ月もつのか、ちょっと今から心配。ちなみにこのペン、消耗品は当然買い替えだが、それ以外の機構部分に関しては、永久保証だそうだ。まだ真面目に保証書を読んでいないけど ^^;

水性ボールペンを取り外す

水性ボールペンは、付属の蛍光ペンに換えることも出来る。出来ればシャープペンシルに換えることが出来るようにして欲しかったが、そしたらあと二千円くらい取られるかな ^^;

中身を蛍光ペンに

ためしに太っちょ本体に入れてみた。キャップを閉めただけでインクが飛ばないくらいに気密性があるのか、ちょっと不安。でも、それ以上に蛍光ペンには用が無いので、おそらく箱入り娘のままミイラにしてしまうことだろう。

蛍光ペン装着


というわけで、Mioに相棒が誕生したわけである。まだちょこっと使ってみただけだが、さすがに付属のスタイラスとは書き心地が違う。これならMioのバッテリが干上がるまで書き続けられそうだ (ぉぃ

MioとMATRIX

Newer Entry今月出逢った鳥2006.07

Older Entryイタリアvsフランス

 

Comments
EditBLUE
>仕事で書類などに署名するとき、必ず青で書くことが要求されている

初めて聞きました……(・・
土木・建築関係の仕事しかしたことないんで、狭い世界での「初めて」ですが。
EditRe: BLUE
# とっても日本代表かフランス代表かイタリア代表チックなSubjectで ^^;

割と歴史の浅い常識なんですけどね、私にとっても。
コピー機の性能が上がってきて、コピーだかオリジナルだかが判り難くなってきたことですとか、ISOなんかで縛りがきつくなってきたここ数年の話です。

まぁ、きっとかなり狭い範囲の常識(つまり非常識だってば)のようですね。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >