迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Category: 飲み喰い  

アボングローブ

新しい紅茶のパックを開けてみた。この聞きなれない名前は、茶園の名前で、「小鳥たちの巣」を意味するらしい。これも、春摘みダージリンの一つ。レピシエで購入した。



ダージリンファーストフラッシュの時に驚いたから、今回は驚きはしなかったが、やはり葉は青い。緑茶だと言われれば、信じてしまう。まぁ、緑茶さえもまじまじと見つめたことがないためだろうが。

050607_avongrove.jpg

こんな感じ。

この葉っぱを選んだ理由は、レピシエの春摘みダージリンの説明にある。レピシエのサイトでは二軸のチャートに茶葉を載せて解説している。そのうちの一つの軸が、フルーティー花のようなという評価軸である。……。どんな風味だか、想像がつかん。ならば、もっともフルーティーと評価されているお茶でも買ってみようか、と言う発想である。で、もう一つのチョイスが、チャートの原点に位置しているダージリンファーストフラッシュ。比較の基準となってもらうためだ。

で、感想だが……。わ、解らない。無理かも。口当たりが優しく、渋さがとても少なく感じたが、それとても自分の淹れ方のためかもしれない。茶葉の量の問題かもしれないし、時間の問題かもしれないし、お湯の温度の問題かもしれない。うーむ。一番比較しやすいはずと思ってのチョイスだったが、これだとどの茶葉を選んでも、はっきりと評価できない気が……。

なら、一番安い葉にすれば良かったのか……。

Newer Entryもうすぐ

Older Entry教えて君

 

Comments
Editすごい
こんばんは。なんかスゴイの飲んでますね^^)
私もレピシエよく行きますが、一番安いウーロン茶を買うのが専門です。ほんとは緑碧茶園に行ってみたいんですけどね。
紅茶は、ちゃんと淹れないせいでしょうが、お店の試飲のように美味しく出来ないので買わなくなってしまいました。
極めたら、奥が深そうですね。
Editルーピー
junさん、ども。
昭島なら、ハーフアイテムだけど、ルーピーがありますね。
確かに、ウーロン茶は私でも、けっこう美味しく淹れられました。でも、紅茶もウーロン茶も、同じお茶だなぁと感じるようになりました。
レピシエも、今年の秋からテイエとかルーピーとかの区別をやめて、新しいブランドで統一するらしいですね。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >