俊哉、名古屋へ

てっきり浦和に入ると思っていた磐田の藤田俊哉が、名古屋入りすることになったようだ。名古屋はいい順位につけながらも、ウェズレイとマルケスを手放し、得点力の大幅ダウンが確実だった。そういった意味で、浦和よりも名古屋の方が、より緊急に俊哉を必要としていたようだ。

浦和にとって、常勝軍団磐田での俊哉の経験は、非常に魅力的だった。しかし、フロントの金銭提示で、名古屋に差をつけられたようだ。つまり、それほどには欲しくなかったということだ。細貝や赤星たちが育つまでのつなぎという意識も、俊哉にとってはあまり嬉しくないものだろうし。今の浦和の戦力なら、若手を育てながら優勝戦線にも顔を出し続けることは、それほど難しいことではない。その面では、まぁ、諦めのつく話だ。

しかし、ギドにとってはそうではないだろう。山瀬に逃げられた後、フロントは補強してくれないという事実。優勝できなかった場合、ギドとフロントとの間に、大きな溝が生まれる可能性がある。

さて、浦和は今日の埼玉ダービーでナビスコカップの決勝トーナメント進出を決めたが、このまま調子を上げて、リーグ戦でも優勝戦線に生き残れるのか、ギドにとっても7月までのブレークが大切な時期だ。もしかしたら、更に次の補強策も出てくるかな?

コメントの投稿

非公開コメント

びっくり

藤田選手、急展開でびっくり。さっき新聞で知りました。条件がレッズとは合わなかったそうで。残念? でも山瀬選手もいるし。大丈夫ですね?

俊哉、欲しかったけど

あら。山瀬は昨年、横浜に移っちゃいましたよ。世間では、トヨタマネーが動いた、なんて言われてますが、お金のあるチームが補強するのは当たり前だし、現に浦和もそういうチームになってますからね ^^;
次の手を打つにしろ、現有戦力でいくにしろ、面白い、見ていて興奮できるサッカーを続けて欲しいです。ま、サポの質と量から、浦和のフロントはもう道を誤ることはないと思っていますが。

時代遅れ・・・恥

山瀬選手は移籍でしたか。時代遅れでした。そうか、それで藤田君が欲しかった訳ですね。決定的パサーいたらいたで、頼もしいですもんね。ナビスコは調子がいいようですし、リーグ再開までに調子が出るといいですね。

いや、恥じゃないですって

私の知る範囲での話ですが、レッズサポの間でも、俊哉に対する評価はかなりまちまちでした。
えむはんさんが仰るように、浦和が一番欲しいのは、パサーだと思います。ところが俊哉は、決してパサーではない。そこで、俊哉なんかいらねーや、と言う声も多かったようです。
でも、私は、ジュビロの中核として、数々の経験を積んできた選手として、浦和に好影響を与えてくれる選手だろうなぁ、と歓迎する気持ちでいました。それに、元々好きな選手ですし。
あと5年かもう少し後、伸二が戻ってきてくれるまでの間、だれか熱中させてくれる選手が、浦和の真ん中に出てきて欲しいです。それは、他のチームから獲得するよりは、浦和の中から出てきて欲しいのですが。背中に28番をつけて伸二が出てきたときのように。
今、それに一番近いのは、長谷部なんですけどねぇ。またボランチに育っちゃうのかなぁ。
ああ、サッカーの話を書き始めると、無駄に長くなっちゃう ^^;
プロフィール

たまし

  • Author:たまし
  • 青梅在住のぐぅたら鳥見屋です。鳥中心のウェブページ迂路つ記もよろしく。画像掲示板への貼り逃げ、書き逃げも歓迎。
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
年別アーカイブ一覧
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カウント(2011.03.02より)
あなたはおそらく
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2掲示板

My Tweet