迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Sort by 04 2011

Category: ブツ  

NIKKOR TUMBLER

4/9にニコンからタンブラーが発売されたことを、数日後にTumblrを通じて知った。あまりのリアルさに目を奪われたが、逆にレンズから飲み物をすする姿を想像して引いてしまい、面白いけど買うことはないな、と思った。

しかしかみさんに話すと妙に乗り気。すぐに買う方向になったが、この時すでにオンラインショップでは完売。次回入庫未定。こうなると逆に欲しくなってしまう。


というわけで、販売再開の4/25に購入しました。


NIKKOR TUMBLER
Category:  

メジロ


メジロ
Originally uploaded by Tamashi@Ome

2011-04-10青梅にて

色々な樹木が芽吹き始めている。こういう梢を見ると、オオルリの季節がすぐそこまで来ていると感じる。
ところでそこのメジロよ、なぜ桜にとまってくれんのだ……。


Category:  

カタクリ


カタクリ
Originally uploaded by Tamashi@Ome

2011-04-10 青梅市内にて。
圧倒的な美しさのカタクリだが、花の季節を過ぎると他の草の陰に隠れて見失ってしまい、次の春まで完全に気配を隠す。しかしまた春が来れば、短いあいだ主役の座を奪い返す。

青梅では天祖神社という小さな神社の北側の斜面に群生している。その美しさの割りには人が来ないところが気に入っている。


Category:  

サクラ



Originally uploaded by Tamashi@Ome

都知事選の投票を済ませて、さあ今日は何をしようか。

この時期、やはりサクラに野鳥なんていう構図の写真を撮ってみたくなる。でもまさに満開の日曜日に、桜のきれいな公園なんて行く気にはならない。花を見ない花見という習慣がまったく好きになれない自分としては、これはどうしようもない。

そこで近所のちょっと高い場所にある神社に行ってみた。思った以上にきれいで誰もいない、俯角のいい桜を見つけた。これなら空抜けじゃない画が撮れる。そう思って一時間ほど粘ってみた。シジュウカラ・ヤマガラ・エナガ・メジロ・ヒヨドリなどの声が行き来する。だが誰一人、待っている枝にはとまってくれない。だがこういう空振り覚悟の一時間もなかなかいい。鳥の気持ちがなぜこの美しい枝に惹かれないのか、などという取り留めもない空想を楽しみつつ、持ってきた緑茶をちびちびと舐めながら、結局のところただサクラを眺めていた、というわけだ。これもひとつの花見に違いないだろう。


さて、都知事選の方は、誰にサクラサク、だろうか。



12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >