迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Sort by 08 2009

Category: ただの日記  

白州25年

20090801215622
オフ会でサントリー白州工場まで。無料の試飲に飽き足らず、有料テイスティング。天気にも恵まれず、鳥見は一切無し (^_^;)

追記。

有料テイスティングで飲めるウイスキーのうち、15mlで2,300円ともっとも高価なものが3種。手分けしてオーダーし、飲み比べてみた。明らかな違いのある3種。個人的な好みでは、山崎25年<白州25年<響30年の順列。中でも響30年のまろやかさは異常。酒好きでない自分でも、これはうなりたくなる美味さ。まぁ、シングルモルトとブレンドを比べても仕方がないのかもしれないが。

いずれにしても、ボトルで買うとどれも10万円。ここ以外では一生縁のない酒であることは疑いない。



1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >