迂路つ記の雑記帳

鳥と、サッカーと、自堕落な日々。

Sort by Evernote

Category: Evernote  

Evernoteが同期できない

EvernoteのWindowsクライアントを使っていると、同期にやたらと時間がかかって仕事にまで支障を来す、なんていう本末転倒なこともよくある。よくあってくれては困るのだが、事実だからしかたがない。

まぁ、PCの能力もかなり古臭くなってきているせいもあるのだろうが、同期が終わらずに諦めてWindowsを再起動、なんていうことは、週に何度もあるのが私の環境です。


ところが今日のはちょっと違っていた。朝イチからおかしなことになったのだ。

結局、解決したようなので、いちおうここにメモっておこうと思う。


Category: Evernote  

DatulaのmailをEvernoteにインポートできないものか

検索したい情報をなるべくEvernoteに集約させたい。過去日記とtweetのインポートに成功して、次に思うことはメールのインポート、だ。長年愛用しているDatulaはもうずっと前から死に体。今でも最高のMUAだと思ってはいるんだけど、なにせ開発終了から長い時が流れている。次のOSで動く保証はない。Windows7の64bitで動いているだけでも奇跡的なことかもしれない。

というわけで、そろそろなんか試してみようか、ということです。


Evernoteのインポート/エクスポート用のファイル形式であるenexって奴はxmlであるらしい。根拠はウェブでチラ見する情報。少々薄弱な根拠だが、実験段階ではこれに頼ってみるしか手がないのが実情。スキルのないヲッサンの悲しい現実である。

さて、ウェブをうろつくうちに、Mbox2xmlなるconverterがあることが分かる。ここらあたりを参照のこと。雷鳥用みたいだけど、UnixMailbox形式に従っていてくれれば、Datulaにも使えるはず。Mozillaはそのあたりはきちんとしているはず。たぶん。そう願う。

実行ファイルと圧縮ファイルが並んでいるので迷うことなく圧縮ファイルをダウンロードしたが、7-zipという形式で解凍できない。なので、このツールもあわせてダウンロード。


めでたく解凍できたところで中身を見ると、インストーラらしきものは見当たらない。しかたがない、本体exeをダブルクリックしてみる。


ふむ、dos窓っぽいのが開いて、そして閉じた……。なるほど、こうして使うものではないらしい。隣にある、guiって方のexeがその名の通り、一般向けインタフェースなのか?

なるほど、サイトで見たwindowが開いた。こいつがさっきのプロセスを呼び出すのか。余計なことしちゃったな。


さて、ソースにDatulaの*.mbxを指定してみたところ「雷鳥のっぽく見えないんだけど、とりあえずやる?」って聞いてきたのでやってみた。が、何も吐き出してくれなかった。

そうですかそうですか。Datulaの*.mbxと雷鳥さんのファイルは別物ですか。


Datula2mailboxというそのものズバリっぽいツールが検索に引っかかる。見ようと思ったらBloggerに登録しなきゃダメよ的なことを言われ、仕方がないから登録したら、目的地は招待者にしか開かれていないとか。余計なものに登録してしまったわ。Googleさんよ、順番が違うんじゃないの?


ということで、こうなったらもうThundebirdをインストールしちゃうしかないかと。

気が向いたら続きを書きます。



Category: Evernote  

TwilogからEvernoteへ

ワタクシ、Evernoteが急激に生活の一部になってきています。過去の日記2240日分ほどもインポートしたので、とりあえず過去からの探し物に関してはEvernoteの中で検索すれば、けっこう何とかなります。

こうなると、過去のtweetも取り込んでしまいたい。

現在のtweetはツイエバという素晴らしいサービスに頼るとして、過去のtweetもなんとかならないものか、というわけで、TwilogToEvernoteConverterです。


普通はこのTwilogToEvernoteConverterっていうありがたいツールを使えば簡単に終了しちゃうでしょう。おそらく。でも自分の場合はちょっと手間取ったので、メモ書き的な意味で。


Category: Evernote  

日記の日記

ワタクシ、日記を書く習慣だけはあります。このブログはほぼ月記となっているし、mixiも同様。他にもはてなとかWordPressとか、いくつかのウェブサービスに登録はしているが、ここよりも使っていません。

そんな状況でも、実はローカルに日記をつけ続けていて、1994年くらいから2200以上のエントリがあったりします。

その日記ソフトの作者さんが、開発継続を断念する旨のtweetをされているので、自分もそろそろ、別の手段に移らなきゃならない時期なのかと。しばやん日記 Ver.2.345は非常に使いやすいソフトだったし、2004年から7年間も使ってきているので、肌に馴染んでしまっている。でもまぁ、いい頃合いなのかもしれない。


感傷めいた話はおいといて、そうなるとやっぱりEvernoteかと。PCからもiPhoneからもアクセスできて、無料で、バックアップの保証をしてくれて(してくれてたっけか?)、何より多くの人が使っていて信用できそう。

他のウェブサービスと同様に、一年以上前にアカウントは取っておいたものの、活用してきたとは言い難いEvernoteだが、これを機に見直してみようと。(今更かよ)


とりあえず、ウェブで評判が良さそうなツールをインストールしてみた。PostEverである。こんな感じ。画像はクリックしてもデカくなりませんよ。
PostEver

もちろん色々設定は出来るけど、一番簡単な使い方だけ書きます。このアプリは、画面のように入力した短文を複数回保存すると、同一の日付の文章を一つにまとめてくれる。ここがワタクシにとって最大の利点。保存先のノートを特定しておけば、Evernoteの中に日記ができちゃう。こういうのが欲しかった。はず。ただし、まだ使用開始半日ですww


PostEverがまとめてくれた文章をiPhoneのEvernoteアプリで見る。
Evernoteで確認

PostEverで保存するたびに、タイムスタンプが入ってます。設定すれば、位置情報も入ります。タイムスタンプも位置情報も、設定すれば入るし、しなければ入れられない。ええっと、手動で挿入するボタンが欲しいです。

ちなみに最初の画像に表示されているボタンは、左から、AtokPadの呼び出し(たぶん。ワタクシはAtokPadを入れてないから使えない)、保存先ノートの指定、タグ選択、チェックボックス挿入、カメラロールからの写真挿入、カメラ起動、です。

惜しい。実に惜しい。タイムスタンプと位置情報も、ここに並べて欲しいです。っつーか、AtokPadとか持ってない人も少なくはないはずだから、ボタンをカスタマイズできるようにして欲しいです。600円(ダウンロードした時は450円)では無理な希望かな。


ともあれ、これでしばらく日記を書いてみようと思う。出かけた先でも、通勤の電車の中でも、思いついたことを日記に出来る。あとは書く人間のモチベーションです。


ここから先は、オマケ。

出て間もないEvernote Foodです。これはEvernoteの純正アプリ。食べ物の映像をEvernoteに残すのに特化しています。洒落た画面になるんですが、あとからWindows版アプリとかで編集できなそうなことと、カメラロールからアップすると写真の日付じゃなくてアップした日付になっちゃうのが残念すぎる。まぁリリース間もないので今後に期待しましょうか。一回目のアップデートの後はまだ使っていないので、もしかすると何か変わってるかも。
Evernote Food

もう一つは定番の、FastEverです。これはこれで素晴らしいアプリ。テキストメモしか出来ないけど、何せ軽い。早い。このソフトにノートをまとめる機能があったら、これで日記をつけていたはず。日時の挿入ボタンもあるし、チェックボックスも入れられる。自分はtodo項目の作成に使っています。(いやまだそんなに使っていない)
FastEver

日記というものは、鍵付きのハードカバーの立派な装丁であるものを、更に机の鍵付き引き出しに入れる、というのがあるべき姿と勝手に規定していましたが、それはちょっと前までのこと。これからはライフログの一部として、クラウドに置くのが正しくはあるでしょう。ちょっと寂しいですけどね。



1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >